HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【小林化工】経口抗真菌剤を自主回収‐睡眠剤混入、重篤副作用で

2020年12月09日 (水)

 後発品メーカーの小林化工は、販売中の経口抗真菌剤「イトラコナゾール錠」の自主回収を開始した。4日に「同錠50『MEEK』」の一部ロットに睡眠導入剤「リルマザホン塩酸塩水和物」が混入している事実が判明したのを受け、重篤な健康被害や死亡の原因となり得るクラスIの自主回収を開始。また、7日には混入が認められた同剤の一部ロット以外の全ロット、100、200mg製剤でも、承認書で記載されている工程とは異なる製造実態が確認されたため、クラスIIの自主回収を始めると発表した。

 7日現在で、ふらつきや躁うつ、意識障害や意識消失など63例の副作用が報告されている。福井県医薬食品・衛生課は、「早急に自主回収を完了させることが先決。今後、必要に応じて立ち入り検査などを実施していく」とコメントしている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報