HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品が新目標】30年度までに売上高5兆円‐「エンティビオ」は最大6800億円

2020年12月11日 (金)

 武田薬品は9日、電話会議で開いたパイプライン説明会で、2030年度までに売上高5兆円を目指す方針を明らかにした。主力の潰瘍性大腸炎治療薬「エンティビオ」をはじめ14のグローバルブランド製品群と24年度までに承認取得を目指す開発パイプライン「ウェーブ1」の12新規化合物を成長ドライバーに、技術的成功確率(PTS)を調整しないシナリオでは1桁台半ばの年平均成長率で目標を達成する計画だ。クリストフ・ウェバー社長は、「(5兆円は)高い目標だが、パイプラインのインパクトを考えれば現実的だ」と自信を示した。

 同社は「エンティビオ」の成長を背景に、20年度の実質的なコア営業利益率30%台前半を見込んでいる。ウェバー氏は「同業他社に十分な競争力があると思っているが、まだマイルストンの一つに過ぎない」と強調。30年度に売上高5兆円を目指す考えを打ち出した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報