【新製品】鼻炎薬「タリオンAR」発売‐ベポタスチンベシル、医療用と同量配合 田辺三菱製薬

2020年12月14日 (月)

アレルギー専用鼻炎薬「タリオンAR」

アレルギー専用鼻炎薬「タリオンAR」

 田辺三菱製薬は10日、アレルギー専用鼻炎薬「タリオンAR」()を全国の薬局・薬店、ドラッグストアで発売した。日本で初めてベポタスチンベシルを配合したスイッチOTCで、医療用医薬品と同量を含む。

 同品は、アレルギー性鼻炎の3大症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまりに優れた効果を発揮する。速やかに体内に吸収される点が特長。1日2回の服用で24時間効果が持続する。

 アレルギー性鼻炎薬特有の副作用が少ない。脳に移行しにくい成分で眠くなりにくいほか、唾液の分泌を減らす抗コリン作用が少なく口が乾きにくい。

 昨年、同社が実施したアンケート調査では、花粉症の薬で最も重視する点を尋ねたところ、花粉症患者の88%が「効果の早さ」と回答した。

 ベポタスチンベシルは宇部興産が創製し、田辺三菱と共同で開発した第2世代の抗ヒスタミン薬。医療用医薬品のピーク時売上高は薬価ベースで254億円。田辺三菱は2017年に同成分のスイッチ化の承認を取得していたが、市場環境を踏まえこの時期の発売になったという。

 スイッチOTCの抗ヒスタミン薬の市場規模は約250億円と大きい。競合品には「アレジオン」「アレグラFX」「クラリチンEX」がある。

 希望小売価格(税抜き)は10錠5日分入り1280円、30錠15日分入り2400円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報