HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【田辺三菱製薬】「インボサ」めぐり仲裁判断‐国際仲裁裁判所、KLSに支払い命令

2021年01月19日 (火)

 田辺三菱製薬は14日、韓国のコーロンライフサイエンス(KLS)と2016年に締結した細胞治療薬「インボサ」のライセンス契約解除をめぐって、国際商業会議所国際仲裁裁判所から仲裁判断が示されたと発表した。同裁判所はKLSに対して、田辺三菱に契約一時金相当の25億円、損害賠償として約1億3000万円、仲裁費用約790万米ドルを支払うよう命じた。

 同社は16年11月にKLSとライセンス契約を締結したが、契約内容と開発品との間に乖離があったため、契約を継続できないと判断。17年12月にライセンス契約の取り消しと契約締結一時金の返還を要請したものの、協議が合意に至らなかったため、18年4月に同裁判所に仲裁を申し立てていた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報