HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【国際医療センター】回復者血漿療法で特定研究‐新型コロナ、来月にも開始

2021年01月29日 (金)

 国立国際医療研究センターは、早ければ来月から新型コロナウイルス感染症回復者の血漿を用いた輸注療法に対する特定臨床研究を開始する。被験者数は200人を予定しており、新型コロナウイルス感染を強力に阻害する高い中和活性を持つ優良な血漿を選んで輸注し、レムデシビルなど抗ウイルス療法との有効性・安全性の比較を行う。

 米国では、新型コロナウイルス感染症入院患者に対する回復者血漿療法の緊急使用が許可されているが、効果は証明されていない。今回の試験で有効性を検討し、患者の治療に役立てたい考え。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報