HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米BMS】京大に総額55億円寄付‐癌免疫療法の研究支援

2021年01月29日 (金)

 米ブリストルマイヤーズスクイブ(BMS)は26日、京都大学に総額55億円を寄付すると発表した。ノーベル賞受賞者である本庶佑特別教授が進める癌免疫療法研究の支援が目的で、今回の寄付金は「がん免疫総合研究センター」の本部棟を建設する資金に充てられる。単一の寄付としては同社史上最大の金額となり、日本法人のブリストル・マイヤーズスクイブが資金を搬出する。

 同センターは、昨年4月に同大大学院医学研究科の附属教育研究施設として設置された癌免疫療法の研究を専門とする日本初の研究機関。本庶氏がセンター長を務め、次世代の癌治療に向け、癌免疫療法の科学的な発展に取り組む国内外の研究者が結集するハブとして機能している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報