HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】コロナ重症患者7割退院‐「アクテムラ」国内第III相

2021年02月15日 (月)

 中外製薬は9日、抗IL-6受容体モノクローナル抗体「アクテムラ」(一般名:トシリズマブ)について、新型コロナウイルス感染症に伴う肺炎の重症入院患者を対象とした国内第III相試験「J-COVACTA」の結果、投与開始後28日時点で約7割強の患者が退院か退院待機状態に改善したと発表した。単群の試験であるため、承認申請についてはロシュが実施中のレムデシビルとの併用第III相試験「REMDACTA」などの結果を踏まえ、判断する。

 同試験は、重症新型コロナウイルス感染症肺炎の入院患者を対象に、アクテムラと標準的な医療措置を併用した時の有効性と安全性を評価する単群の国内第III相試験。今回、アクテムラ投与開始後28日時点で、参加患者48例のうち35例(72.9%)が退院か退院待機状態となったことが明らかになった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報