【新製品】「テリルジー200」新発売‐気管支喘息で承認取得 グラクソ・スミスクライン

2021年03月01日 (月)

 (GSK)は、気管支喘息治療薬「テリルジー200エリプタ14吸入用、同30吸入用」(一般名:フルチカゾンフランカルボン酸エステル/ウメクリジニウム臭化物/ビランテロールトリフェニル酢酸塩)を新発売した。

 同剤は、GSKのドライパウダー吸入器であるエリプタを使用し、1日1回吸入する3成分配合治療薬。国内では「テリルジー100」が慢性閉塞肺疾患()の諸症状の緩解、気管支喘息の効果・効能で承認を取得している。今回発売した「テリルジー200」は、現時点で気管支喘息のみの承認となっている。

 同剤は、既存治療でコントロール不十分な気管支喘息患者に新たな治療の選択肢となるとしている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報