HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東京都】健康食品からメラトニン‐薬機法違反で販売中止

2021年03月18日 (木)

 東京都は12日、睡眠導入等を目的とした健康食品1製品から、入眠改善剤に含有される医薬品成分「メラトニン」が検出されたと発表した。医薬品医療機器等法に違反するとして、既に販売中止と自主回収を販売会社に指示しており、製品所有者には使用中止を呼びかけている。

 メラトニンが検出されたのは、渋谷区のCIGAが米国から輸入販売していた「HEMP Baby CBDグミ」の1製品。原材料としてコーンシロップや砂糖のほか、睡眠導入や炎症抑制等を目的とするカンナビジオールを含んでいる。昨年8月から販売され、現在までに約5000個を売り上げている。しかし、都が情報提供を受けて、健康安全研究センターで同製品の試験を行った結果、グミ1個当たり1.5~3.7mgのメラトニンを含有していることが発覚した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報