HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】タンパク質高速分子動画に向けた光薬理学の新展開

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 永澤秀子(岐阜薬大)
 清中茂樹(名大院工)

 蛋白質中で起こる化学反応や構造変化過程を原子レベルで解明できれば、蛋白質の究極的な機能解明につながる。そのためには、ナノ秒オーダーの構造変化を原子レベルで可視化する方法論が必要である。

 最近になり、X線自由電子レーザー(XFEL)を用いることで、光をトリガーとした高速分子動画撮像が実現された。しかし、光で活性化される蛋白質はロドプシンなどごく一部に限られる。光薬理学的ツールはその問題点を克服し、様々な蛋白質の高速分子動画撮像を可能にすると期待される。

 そこで、本シンポジウムでは、XFELを使った高速分子動画に関する先駆的な研究成果から、最新の光薬理学的手法を紹介する。特に、光薬理学手法に関しては、高速分子動画への応用に限らず、細胞機能の新たな制御方法としての適用についても議論する。

 (清中茂樹




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報