HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【エーザイが新中計】人々の多様な「憂慮」除外へ‐データ基盤に他産業と共生

2021年03月31日 (水)

 エーザイは26日、2021年度から35年度を視野に入れた新中期経営計画「EWAY FUTURE&BEYOND」を発表した。患者から「ピープル」に視点を転換し、これまで培ってきた創薬技術などのエーザイユニバーサルプラットフォーム(EUP)を幹に、保険や食品など他産業と共生することにより、人々の多様な「憂慮」を取り除いていくエコシステムの構築を実現する方針を打ち出した。

 同社は、16年に25年までの10カ年中期経営計画「EWAY2025」を発表したが、16~19年までの「EWAY CURRENT」では20年度の利益目標を前倒しで達成。さらに新型コロナウイルス感染症に代表される大きな環境変化を背景に、21年度からの新中計として、25年度までのFUTURE、35年度を視野に入れたBEYONDを策定した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報