HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬価研】薬価制度の全体設計再考へ‐赤名委員長、中間年改定でひずみを危惧

2021年03月31日 (水)

 日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会の赤名正臣委員長は、本紙の取材に応じ、2022年度薬価制度改革に向け、「今般の中間年改定を踏まえ、薬価制度全体の設計を再考していくことが優先課題」との考えを明らかにした。大規模な中間年改定の実施で医薬品の安定供給や新薬開発などのイノベーションにひずみが生じるリスクを危惧し、「中間年改定の実施による安定供給やイノベーションの阻害になる問題を整理し、通常改定ルールも見直すなど、薬価制度全体の設計も再考すべき」と主張している。

 中間年改定では、昨年実施した薬価調査の平均乖離率8.0%の0.625倍超の品目が対象とされ、全品目の約7割が該当するなど製薬業界にとって厳しい改定となった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報