HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協総会】キムリア、約150万円引下げ‐費用対評価の価格調整了承

2021年04月16日 (金)

 中央社会保険医療協議会は14日に総会を開き、白血病治療薬「キムリア点滴静注」と慢性閉塞性肺疾患治療薬「テリルジー100エリプタ14吸入用、同30吸入用」の費用対効果評価に基づく価格調整後の薬価を了承した。キムリアは3411万3655円から3264万7761円に薬価を引き下げる。テリルジーについては、費用対効果評価の比較対象となった類似品目も合わせて薬価を引き下げることとなった。7月1日から適用する。

 キムリアは、ノバルティスファーマが製造販売する国内初のキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T細胞)療法で、3000万円を超える薬価から費用対効果評価結果に注目が集まっていた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報