HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【あすか製薬・山口社長】合弁会社で5年後に30品目‐ジェネリック事業を本格化へ

2008年12月5日 (金)

山口社長
山口社長

 あすか製薬の山口隆社長は4日、都内で開いた中間決算説明会で、アイスランドの大手ジェネリック医薬品(GE薬)企業「アクタビス」との合弁会社に関して、「重点4領域以外の幅広い領域の製品を取り扱うことで、5年後には30品目を揃えていきたい」との方針を明らかにした。その上で、「将来的には日本で製造した製品を、アクタビスの販売網を通じて世界に打って出る可能性もある」との展望を示した。一方、重点4領域に絞ったあすか製薬のGE薬事業は、通期で売上高70億円台を目指す考えだ。

 山口氏は、アクタビスとのGE薬合弁会社「あすかアクタビス」について、「品質と安全性情報が最大のポイント」と指摘。GE薬の品質・安定供給が大きな問題になっていることを踏まえ、「日本の製品は日本で生産するという部分を売りにし、新設するいわき工場で生産したGE薬を、国内市場に提供するビジネスモデルを作りたい」と語った。

 その上で、「日本で製造した製品を、アクタビスを通じて世界に打って出る可能性もある」との展望も示した。合弁会社が順調に軌道に乗ることを前提に、5年後には30品目の品揃えを確保する方針だ。取り扱い製品も「合弁会社では重点領域以外に、もっと幅広い領域の品揃えをしていく」とした。

特化する産婦人科領域‐3年後に60億円を視野

 一方、スペシャリティー化を進める産婦人科領域に関しては、来年2月にあすか製薬の第一号製品として発売予定の更年期障害治療薬「メノエイドコンビパッチ」、そーせいから導入した緊急避妊薬「ノルレボ」を視野に、「3年後に売上高を60億円に持っていきたい」との方針を明らかにした。10月には、医薬営業本部に「ウイメンズヘルスケア室」を新設。不妊・避妊・更年期障害などの啓発活動をスタートさせた。

 山口氏は、「ホルモン補充療法と避妊領域の日本での市場は小さいが、啓発活動に努力することで着実に市場は広がってくる」と強調。「メノエイドコンビパッチの上市をきっかけに、産婦人科領域のリーティングカンパニーへの道を切り開いていきたい」と意欲を語った。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録