【新製品】「ユプリズナ」国内発売‐NMOSDの再発予防 田辺三菱製薬

2021年06月09日 (水)

 田辺三菱製薬は1日、自己免疫疾患の視神経脊髄炎スペクトラム障害(NMOSD)の治療薬「ユプリズナ」を国内で発売した。ピーク時売上高は2026年に59億円を見込む。

 同剤はヒト化抗CD19モノクローナル抗体。抗体生産に関わるB細胞を循環血液中から速やかに除去してNMOSDの再発を予防する。

 持続性の高さが特徴で、半年に1回の点滴静注で済む。

 既存治療で用いられる経口ステロイド薬などのほか、競合薬の「ソリリス」「エンスプリング」と比べても投与間隔が長く、利便性が高い。

 NMOSDは中枢神経系の自己免疫疾患。再発を繰り返し、失明や車椅子生活に至るケースもある。患者数は国内で4000人と推定されている。

 米国では20年6月に導入元のホライゾン・セラピューティクスが承認を取得して販売中。

 現在、適応拡大に向けて重症筋無力症とIgG4関連疾患を対象に、ホライゾンと田辺三菱の共同によるグローバル第III相試験が進んでいる。

お詫びと訂正

 記事中、売上高のピーク時期は2026年ではなく、28年です。同社から申し入れがありました。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報