HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】ワクチン産業ビジョン案を作成‐国内企業の構造転換訴える

2006年08月01日 (火)

 厚生労働省は「ワクチンの研究開発、供給体制のあり方に関する検討会」の審議を踏まえ、ワクチン産業ビジョン案を作成、8月28日までパブリックコメントを募集している。ビジョン案では、ワクチンを国内で開発・安定供給することが、感染症や良質な医療提供のために不可欠とし、国が一定の関与を行い、国内ワクチン産業を育成する必要性を訴えている。ビジョンは今月中にまとめる予定。

 ビジョン案では、ワクチンは危機管理的な社会需要の増大や、少子化による市場性が縮小する中でも、良質な小児医療の維持・向上には不可欠であることを再確認した上で、国の関与の下、将来にわたり日本で必要なワクチンを開発し、安定的に供給できる体制確保の必要性を指摘した。

 また、今後のワクチン需要の展望としては、[1]危機管理へ対応する手段としての新型インフルエンザワクチン[2]欧米で使用されている新しいワクチンの臨床現場への導入:不活化ポリオワクチン、インフルエンザb型菌(Hib)ワクチン、ロタウイルスワクチンなど[3]成人、高齢者領域でのワクチン:ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン、帯状疱疹ワクチンなど[4]改良し有用の向上:経鼻インフルエンザワクチンなど――等を期待される領域として挙げている。

 これらの社会ニーズに応えていくための国内産業の課題として、基礎研究から臨床研究への橋渡しを通じて、実用化が円滑に進むように、国内のトランスレーショナルリサーチ体制の整備が必要としている。さらに、日本のワクチン産業は小規模企業が多いという特徴があるが、市場の将来性を見通し、新製品開発に戦略的投資ができる体力ある産業へ、構造転換を図っていく必要性を示した。

 そうした産業像を具体化していくために、アクションプランも提示。アクションプランは、[1]政府の取り組み・方向性[2]基礎研究から実用化(臨床開発)への橋渡し促進[3]産業界における体制の目指すべき方向[4]機器管理上も必要なワクチン等の研究開発・生産に対する支援[5]薬事制度等の取り組み[6]需給安定化の取り組み[7]情報提供・啓発の推進――について方向を取りまとめた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報