HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東大病院/全薬工業】強皮症にリツキサン有効‐医師治験成果で承認申請

2021年06月15日 (火)

 東京大学病院皮膚科の佐藤伸一教授らの研究グループは、全身性強皮症に対する多施設共同医師主導治験を実施し、リツキシマブ投与によるB細胞除去療法が強皮症の皮膚硬化と肺線維症に対する優れた効果を発揮することを見出した。この成果を踏まえ、リツキシマブの製造販売元である全薬工業は、強皮症の適応で医薬品医療機器総合機構(PMDA)に承認申請を行った。

 強皮症は、皮膚をはじめ全身に線維化病変と血管障害を来す膠原病に属する自己免疫疾患。その発症と進行には白血球の一種であるB細胞が関与していると考えられている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報