HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【都薬】後発品の流通調査を開始‐回収対応など問題点探る

2021年06月16日 (水)

永田氏

永田氏

 東京都薬剤師会は11日から、会員薬局の管理薬剤師向けに「後発品に関する流通・対応状況に関する調査」を開始した。複数の後発品メーカーが起こした製造不正で医療用医薬品の供給体制で不安定になっていることを背景に、製品回収や承認取り消しとなった製品の代替品にどう対処したかなどを調査する。東京の後発品使用率は1月時点で73%台と全都道府県で最低となる中、流通上の問題点を明らかにし、今後の対応策に生かしたい考え。

 後発品をめぐっては、小林化工を発端に、日医工、さらに5月には長生堂製薬が31品目の自主回収を開始するなど製造不正が相次いで報告されている。製品の自主回収や出荷停止の余波を受け、他の後発品メーカー製品が代替需要に対応しきれず、やむなく出荷調整となり、先発品に戻るケースや先発品の一部でも出荷調整になる事例も出ているという。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報