TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【北里研/Meiji Seika ファルマ】コロナ薬開発へ共同研究‐抗寄生虫薬から誘導体創出

2021年06月21日 (月)

コロナ薬開発へ共同研究

 北里研究所とMeiji Seika ファルマは14日、抗寄生虫薬のエバーメクチンを用いて新型コロナウイルス感染症治療薬の研究開発を開始すると発表した。抗菌薬の研究開発ノウハウを持つMeiji Seika ファルマから北里研に研究者を派遣し、新規誘導体の合成を狙う。研究開発は8年かけて行い、イベルメクチンの10倍以上の抗ウイルス活性を持つ治療薬を創出したい考えだ。

 共同研究では、土壌中に生息する放線菌が生み出す化合物のエバーメクチンをもとに新規誘導体を生み出し、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発につなげる。北里大の大村智特別栄誉教授が発見したエバーメクチンについては、より抗寄生虫活性を高めつつ、副作用を低減した抗寄生虫薬「イベルメクチン」が開発され、世界中で使用されている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報