HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【行政評価監視委員会】「評価不能」判定を疑問視‐ワクチン副反応報告に指摘

2021年06月30日 (水)

 厚生労働省の医薬品等行政評価・監視委員会は28日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの副反応疑い報告のあり方について議論した。死亡事例や有害事象との因果関係について、ほとんどが評価不能と判断されていることを疑問視する声や、報告形式が現況に対応していないなど厳しい指摘が相次いだ。

 この日の委員会では、厚労省から今月13日時点のワクチン接種後の医療機関からの副反応疑い報告状況について説明があった。米ファイザー製品は2324万5041回、米モデルナ製品は44万0278回接種され、このうち副反応疑い報告件数はそれぞれ1万3671件と79件だった。また、アナフィラキシーはそれぞれ1462件、4件となった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報