HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【CSO協会】派遣MR数は4.4%減‐コロナ受診抑制など響く

2021年07月07日 (水)

 日本CSO協会は6月30日、2020年の国内で稼働するコントラクトMR(CMR)数が4.4%減の3292人になったと発表した。19年の二桁伸長から再び減少に転じ、薬価制度改革に加え、新型コロナウイルス感染症による受診抑制も影響したと考えられた。ただ、全MRに占めるCMRの比率は5.8%と、前年と変わらなかった。

 CSO市場は、14年のCMR数4148人をピークに、縮小傾向が続いており、19年は新薬の需要増などによって10.8%増と盛り返したが、新型コロナウイルス感染症の影響などで再び減少に転じ、18年の3110人に次ぐ稼働数の少なさとなった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報