TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【Meiji Seika ファルマ】小林社長、小林化工問題「甚大な影響」‐数量増、コスト減の両立可能

2021年07月12日 (月)

小林大吉郎氏

 Meiji Seika ファルマの小林大吉郎社長は7日、都内で記者会見し、ジェネリック事業に言及。小林化工による睡眠薬混入事件やデータ改ざんの問題を「非常に大きかった」と指摘。「われわれが被った打撃以上に、後発品業界に長期に甚大な影響がある」との認識を示した。その上で、共同開発品の承認審査を厳格化する厚生労働省の方針について、「それでいいのか」と疑問を投げかけつつ、「われわれは量的な拡大とコスト減、高品質を実現できる」と自信を示した。

 同社のジェネリック事業の昨年度売上高は、小林化工問題や受診抑制などが響き、前年比10.8%減の436億円となった。また、小林化工問題の余波として、安定性試験データの改ざんが行われた資料をもとに共同開発品目の承認申請を行っていたとして、厚労省から業務改善命令を受けた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報