HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【Meiji Seika ファルマ】印企業とライセンス契約‐ウステキヌマブ後続品

2021年07月29日 (木)

 Meiji Seika ファルマと韓国の東亞STは、共同開発中の尋常性乾癬・クローン病治療薬「ウステキヌマブ」のバイオ後続品「DMB-3115」について、インドのインタスファーマシューティカルズとライセンス契約を締結したと発表した。

 今回の契約により、両社は同剤について、日本・韓国と一部アジア地域を除く世界で独占的に販売する権利をインタスに導出する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報