HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】奥田社長「ロナプリーブ適応拡大へ」‐濃厚接触者や皮下投与など

2021年08月31日 (火)

 中外製薬の奥田修社長は26日に開いた説明会で、新型コロナウイルス感染症治療薬「ロナプリーブ」について、濃厚接触者に対する予防投与の適応拡大、皮下投与の用法追加申請を検討していく方針を明らかにした。また、デルタ株が蔓延する中、重症化予防に向け外来での投与も認められるようになった中、政府からの要請に応じて必要量を確保していく考えを示した。

 ロナプリーブは、カシリビマブ、イムデビマブの2種類の中和抗体を組み合わせた抗体カクテル療法で、7月に特例承認された。軽症患者向けでは初のコロナ治療薬で、デルタ株が世界的に拡大する状況で需要が高まっている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報