【新製品】解熱鎮痛成分をダブル処方‐「スグナIP錠プレミアム」発売 富士薬品

2021年09月01日 (水)

スグナIP錠プレミアム

 富士薬品は、全国の同社グループのドラッグストアを通じて解熱鎮痛剤「スグナIP錠プレミアム」(指定第2類医薬品)を発売した。企画から開発、製造、販売までを同社グループが手がける解熱鎮痛剤「スグナシリーズ」の5番目の商品。シリーズ最高処方となる同社初のイブプロフェン、アセトアミノフェンの同時処方で、効き目にこだわった。

 「スグナIP錠プレミアム」は、つらい痛みを緩和する成分をダブルで処方している。炎症を鎮めて痛みのもとに作用するイブプロフェンと、痛みの伝達神経に作用するアセトアミノフェンがそれぞれ作用することで、中枢と末梢の両方から痛みをブロックするのが特徴。同社従来品と比較して効き目を重視した。

 また、配合成分であるアセトアミノフェンは鎮痛成分の中でも胃への負担が少ないといわれている。さらに、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムが胃への負担を和らげる。

 価格(税込み)は、20錠で1045円、60錠で2068円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

新薬・新製品情報 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報