HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】インフルワクチン供給減に‐12月半ばには回復見通し

2021年09月08日 (水)

 厚生労働省は、「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会研究開発および生産・流通部会」で、2021~22年シーズンのインフルエンザワクチンの供給が前シーズンを下回るとの見通しを示した。新型コロナウイルスワクチンの製造が加速し、ワクチン生産に必要な原料調達に苦慮していることが背景にあり、医療機関や接種希望者に供給スケジュールを周知したい考え。

 厚労省がこの日の部会で示した、今シーズンのインフルエンザワクチンの供給見込みは2567万~2792万本。

 新型コロナウイルスワクチンの生産により、その他のワクチンでも生産に不可欠な原料がメーカー間で取り合いとなって資材の入手と製造が遅れているため、出荷量が限定されている状況にある。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報