HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】ノババックス製を供給契約‐来年初頭に1.5億回分

2021年09月10日 (金)

 厚生労働省は6日、米ノババックスの新型コロナウイルスワクチンについて、早ければ2022年初頭から1億5000万回分の供給を受ける契約を、国内の生産・流通を担う武田薬品と締結した。厚労省が新型コロナウイルスワクチンの供給を受けるのは、ファイザー製、モデルナ製、アストラゼネカ製に続き、4種類目となる。翌7日の閣議後会見で、田村憲久厚労相は「ワクチンをしっかりと確保していくことは非常に重要」と意義を強調した。

 国内での薬事承認を前提に、概ね1年間で1億5000万回分の供給を受ける。同社は追加接種への使用も視野に開発を進めており、変異株への対応も含まれているとした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報