HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】モデルナ製ワクチン、回収対象品接種後に死亡例‐因果関係は「情報収集中」

2021年09月13日 (月)

 厚生労働省は6日、米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンの一部ロットに異物が混入していた問題で、自主回収対象ロットの接種後に40代男性が死亡したことを公表した。同ロットでは異物混入が確認されていないが、接種後の死亡は3人目。死因や因果関係については、「情報収集中」としている。

 死亡した男性は49歳で、7月14日に1回目としてロット番号「3003657」、8月11日の2回目では、使用見合わせの後に自主回収の対象となった「3004734」を接種した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報