TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【後藤厚労相が初会見】コロナ薬実用化に注力‐薬価改定、複数観点で検討

2021年10月08日 (金)

後藤厚労相

 後藤茂之厚生労働相は5日、就任後初の記者会見で、新型コロナウイルスワクチン・治療薬の実用化などに注力する考えを示した。2022年度薬価改定の方向性については、イノベーションや長期収載品の評価、透明性や予見性の担保といった複数の観点から検討するとした。

 新型コロナウイルス感染症対策について、後藤氏は岸田文雄首相から指示があったことに言及し、「、治療薬の実用化と確保、検査の拡充等にしっかりと取り組むよう指示された。医療提供体制を充実させるため、健康観察あるいは早期の適切な診療が受けられる体制整備を行う必要がある」との考えを示した。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報