TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協総会】薬歴管理料見直しに反対‐多剤服薬指導で加算認めず

2021年10月25日 (月)

 中央社会保険医療協議会は22日の総会で、2022年度調剤報酬改定に向け、薬局薬剤師の対人業務に対する評価をめぐり議論した。有澤賢二委員(日本薬剤師会常務理事)は、薬剤種類数が多い場合に薬剤服用歴管理指導料の評価を拡充するよう要望したものの、委員からは、「前回と同じ処方内容のDo処方の場合、一つひとつの薬剤で説明を受けることは少ない」「技術料として算定されている薬剤服用歴管理指導料に加算を付けることはこれまでの議論と逆行する」と反対意見が相次いだ。

 薬剤服用歴管理指導料は、薬剤の服用に関する基本的な説明や患者に必要な服薬指導、薬剤服用歴への記録の業務で点数が算定されている。厚生労働省は、767薬局を対象に行った調査で、薬剤情報提供・服薬指導の平均所要時間について薬剤種類数が6種類未満の場合は1回当たり約5.1分に対し多剤調剤時(6種類以上)の場合は1回当たり約9.0分と説明時間が長くなるとの結果を踏まえ、薬剤服用歴管理指導料に関する評価の見直しを論点として示した。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報