TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【BMS】レナリドミドで運用体制案‐後発品メーカーと共同管理

2021年10月26日 (火)

 ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)は21日、多発性骨髄腫治療剤のレナリドミドについて、後発品メーカー参入後の適正管理手順に関する体制案を、厚生労働省の「サリドマイドおよびレナリドミドの安全管理に関する検討会」に示した。適正に遵守されているかを確認する安全性情報担当者、レブメイト合同運営委員会(仮称)の設置などを提案。次回会合で、厚労省が同剤の安全管理方策に関する骨子案を提示する予定。

 同剤はヒトに対する催奇形性を有する可能性があるため、胎児への曝露防止を目的にBMSが作成する「・ポマリスト適正管理手順(レブメイト)」の実施が義務づけられている。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報