TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【PMD】既承認製品を対照群に‐コロナワクチン治験で見解

2021年10月27日 (水)

 (PMDA)は22日、新型コロナウイルスワクチンについて免疫原性に基づく評価の考え方を示した。検証的臨床試験で免疫原性の有効性指標を用いる際には、プラセボ接種群を設定せずに、既に実用化されている新型コロナウイルスワクチンを対照群とし、新型コロナウイルス株に対する幾何平均抗体価(GMT)を主要評価項目とするよう求めた。

 新型コロナウイルスワクチンの臨床試験は、プラセボを対照に発症予防効果を評価するデザインとなるが、新型コロナウイルスワクチンの接種が進み、新たにプラセボ対照臨床試験を実施することが難しくなっている。検証的臨床試験で既承認ワクチンを対照とした評価のあり方を考案する必要が生じる中、PMDAは臨床的エンドポイントの評価が実現不可能な場合に、免疫原性に基づいて有効性評価を行う際に留意すべき事項について考え方を示した。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報