TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【中四国支部大会で報告】小児在宅で薬剤師重要‐終末期在宅患者への関与も

2021年10月28日 (木)

 23、24日にウェブ上で開かれた日本薬学会・・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会のシンポジウムで、同地域の病院や薬局で働く薬剤師が多職種連携のあり方を討議した。医療や介護の人的資源が不足する小児在宅医療患者や、多面的な視点が必要になる終末期在宅医療患者に薬剤師が関わる重要性を強調。かかりつけ薬局として早期から深い関係を築いておくことが、在宅移行後のより良い関与につながるとの意見もあった。

 県立広島病院薬剤科の笠原庸子氏は小児在宅医療の特徴と連携の重要性を説明した。

 小児在宅医療の主な対象は、人工呼吸や経管栄養などの日常的な医療的ケアが必要な小児や、重症心身障害児ら。介護保険制度の枠組みから外れるためケアマネージャーの機能がないなど医療と介護をつなぐ仕組みが存在しないほか、ヘルパーを活用できないなど福祉制度も十分に整備されていないことが課題だ。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報