TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【KMバイオロジクス】追加接種用を先行申請へ‐永里社長「不活化ワクチンの供給急ぐ」

2021年10月28日 (木)

Meijiの小林社長(左)とKMバイオの永里社長

Meijiの小林社長(左)とKMバイオの永里社長

 KMバイオロジクスは、新型コロナウイルス感染症に対する国産不活化ワクチン「KD-414」の国内第II/III相試験をスタートさせた。主に2回接種時の安全性を評価し、来年から免疫原性を評価する実薬対照第III相試験を行う計画。年内には3回目となる追加(ブースター)接種の試験も開始予定だ。25日に都内で記者会見した永里敏秋社長は、「第II/III相試験の結果と合わせ、まず追加接種用だけでも来年春から夏に承認申請したい」と述べ、前倒しで承認を目指す意向を明らかにした。

 同社は、不活化ワクチン「KD-414」の国内第I/II相試験で高い安全性が得られたことを受け、22日から第II/III相試験を開始した。18歳以上の健康成人を対象に「KD-414」を2回接種した際の安全性と免疫原性を評価するもので、1回0.5mLずつを2回28日間隔で筋肉内に接種する。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報