TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】抗体保有疫学調査を実施‐5都府県で3万人対象

2021年11月01日 (月)

 厚生労働省は今年度、国立感染症研究所による研究で新型コロナウイルス感染症の抗体保有疫学調査を実施する。宮城県、、愛知県、、福岡県の住民が対象で、12月に1万5000人、来年2月に1万5000人の計3万人を無作為抽出し、調査を行う。

 国内の検査陽性者数は10月27日現在で171万人だが、実際の感染者数は検査で把握している人数よりも多く存在することが推測されている。調査は対象地域から無作為に抽出した住民に抗体検査への協力を依頼し、同意を得た住民のみ新型コロナウイルスのS蛋白質とN蛋白質に対する2種類の抗体を検出する。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報