TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【兵庫県薬事審議会】立入検査等の強化を要望‐GEメーカーの不祥事受け

2021年11月22日 (月)

兵庫県薬事審議会

 兵庫県が16日に開いた薬事審議会で、一部の後発医薬品メーカーによるGMP違反などの不祥事について、参加した委員から「後発医薬品の信頼低下はメーカーだけでなく、医療機関にも影響する」との指摘があった。メーカーや製造所に対する立入検査等の強化を求める声も上がった。

 県医師会の空地顕一会長は「後発医薬品を勧めた医療機関そのものの信頼低下にもつながる。深刻な問題」と指摘。2023年度末までに全都道府県で後発医薬品の使用率を80%以上とする厚生労働省の目標に触れ「(行政サイドからも)ちゃんと検査しているため、安全・安心で安定的に供給できるとはっきりと県民に周知していただきたい」と要望した。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報