TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【認知症学会学術集会】アデュカヌマブ導入に課題多く‐国内承認見据え、対応を議論

2021年12月02日 (木)

アデュカヌマブの日本導入を念頭に課題を議論した

アデュカヌマブの日本導入を念頭に課題を議論した

 アルツハイマー病(AD)の疾患原因とされるアミロイドβ仮説に基づく初の治療薬「アデュカヌマブ」の日本上市を前に、何を準備しておくべきか――。11月27日に都内で開かれた第40回日本認知症学会学術集会では、アデュカヌマブの臨床使用を視野に入れた課題を議論し、投与対象となる軽度認知障害(MCI)と早期ADの診断、副作用の管理といった医療体制、高額な医療費の問題まで、多岐にわたる環境整備が必要なことが浮かび上がった。患者にとっては、高額な医療費がアデュカヌマブへの期待を落胆に変えるきっかけとなったとされ、アデュカヌマブの適切な投与対象を選定しつつ、有効性と経済性のバランスをいかに取るかが重要なポイントとなってきそうだ。

高額医療費に患者は「落胆」

 花俣ふみ代氏(認知症の人と家族の会)は、患者の立場から、6月のアデュカヌマブの米国承認について「朗報にこの時点では多くの当事者である患者、家族が大きな期待を持って受け止めた」としつつ、「その後、高額な医療費やアデュカヌマブの適用範囲などが明らかになるにつれ、中等度以上の認知症患者とその家族が大半を占める会員には落胆が広がった」と率直な感想を語り、「介護する家族にとっては、遠い先の完治よりも今の時点で病気の進行が止まることが切実な希望」と訴えた。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報