TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhA】首藤会長、調剤報酬改定議論に苦言‐敷地内薬局も役割を強調

2021年12月14日 (火)

 (NPhA)の首藤正一会長は9日の定例会見で、中央社会保険医療協議会で議論が進んでいる2022年度調剤報酬改定に関して、「議論の中で店舗数の多い薬局チェーンなどを狙い撃ちにした検討が進みつつあることに強い違和感を覚えている」と述べ、「薬局個別の規模や収益状況をもとに検討することには、それに応じた報酬という点で理解できる部分もあるが、“20店舗以上の薬局チェーン”などという企業規模による報酬体系の議論は理解に苦しむ」と強調した。

 首藤氏は、NPhAの会員企業について、「コロナ禍においても患者や従業員の安全のため、あらゆる感染予防策を取りながら医薬品の供給に全力を尽くしてきた」「ワクチン補助への人員の提供や抗原検査キットの販売、在宅療養者への医薬品の供給などにも協力を惜しまずに当たってきた」などと指摘。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報