TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【2022年話題の焦点】リフィル導入で薬局間競争激化‐さらなる薬剤師業務の発展も視野

2022年01月07日 (金)

職能発揮する絶好の機会

 今春の診療報酬改定で、リフィル処方箋の導入が決まった。医師の診察を効率化し医療費を抑えることが主な狙いだが、薬剤師にとっては職能を発揮する絶好の機会になり得る。薬剤師のフォローアップ等によって、医師の診察を必要最小限に抑えつつ医療の質は維持できることを具体的なエビデンス等で示していけば、さらなる薬剤師業務の発展も見えてくる。しかし、十分な成果が認められなければ、発展には限りがあるかもしれない。リフィル処方箋制度が今後どこまで大きく育つかは、現場の薬剤師の手腕にかかっている。

 リフィル処方箋とは、一定の期間内であれば医療機関を受診しなくても繰り返し利用できる処方箋のこと。医師が処方箋に利用できる回数や投薬日数を記入する。日本では、状態が安定した患者でも、薬をもらうためだけに医療機関に出向き受診する必要があるが、リフィル処方箋の導入によって患者は受診せずに薬局で薬を受け取ることができる。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報