TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【クラシエ】漢方薬、疲れやすさに需要‐21年度、生活様式の変化など影響

2022年01月13日 (木)

 クラシエは、漢方セラピーブランドの昨年1月から11月までの販売データをもとに、漢方薬市場の変遷やウィズコロナ時代の漢方動向をまとめた「漢方トレンド2021」を発表した。それによると、昨年の漢方薬市場はかぜ薬の落ち込みで減少傾向となった。また、ウィズコロナ時代の漢方動向といった観点では、イライラから疲れやすさに傾向が変化した。

 主な調査結果を見ると、薬局やドラッグストアで販売される一般用漢方薬の市場規模は、2020年度まで継続的な成長が見られたが、21年度は前年度比96.7%と減少傾向だった。新型コロナウイルスの予防対策習慣が定着したことによるかぜの罹患率減少が要因の一つに考えられた。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報