TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【PMDA】1000万人達成に現実味‐MID-NETデータ拡大

2022年03月02日 (水)

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)が運営する医療情報データベース「MID-NET」が2024年度にも目標とする患者データ1000万人規模に手が届きそうな見込みだ。昨年12月末時点で10拠点23病院から570万人超のデータを集積しているが、23年度に国立病院機構のデータベース事業者と連携するほか、24年度には徳州会病院10病院をMID-NETに追加する計画である。今後は、再審査期間中の医薬品を対象とした製造販売後データベース調査だけではなく、医薬品の使用実態把握を目的とした探索的調査でも利活用拡大を目指していく。

 MID-NETは18年4月に本格稼働し、10拠点23病院から電子カルテデータやレセプトデータ、DPCデータを格納しており、570万人分の患者データが利活用可能となっている。製販後データベース調査の利用が可能であるものの、企業の利活用は6品目、製販後調査以外の企業利用は3調査にとどまるのが現状。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報