TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【25日から薬学会年会】仮想空間、アバターで会話‐ポスター発表に新たな試み

2022年03月02日 (水)

 日本薬学会第142年会は25~28の4日間、名古屋市での開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、オンラインでの開催に変更された。現地開催の中止は2年前の京都、昨年の広島に続き3年連続となる。現地で対面の交流はできないものの、一般演題のポスター発表には仮想空間でアバターを用いて会話する仕組みを取り入れるなど、オンラインならではの新たな試みが導入され、新時代の発表形式として注目を集めそうだ。

 組織委員長の森裕二氏(名城大学薬学部分子設計化学教授)は、「社会が自粛を強いられている中、医療の一翼を担う薬学という立場で、学会開催によってクラスターを発生させるわけにはいかない」と言及。「この2年間、コロナで積極的な学術交流活動ができなかった。閉塞感を打破するためにも、ぜひ現地で開催したいと準備を進めてきただけに非常に残念で、惜しくてならない」と語る。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報