TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【安全対策調査会】「プレフェミン」第1類に‐要指導薬1成分が移行

2022年03月02日 (水)

 薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は2月28日、ゼリア新薬の月経前症候群(PMS)治療薬で要指導医薬品の「プレフェミン」(一般名:チェストベリー乾燥エキス)を一般用医薬品の第1類として販売することを了承した。

 同剤の効能・効果は、乳房のはりや頭痛、イライラなど月経前症候群の緩和。2014年4月に医療用医薬品として使用経験がないダイレクトOTC薬として発売され、22年4月までの8年間の再審査期間で製造販売後調査を行ってきた。再審査期間の終了が見込まれるため、この日の調査会で一般用医薬品として販売することが適当かどうかを審議した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報