TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 第4回領域別専門薬剤師によるclinical questionの解決手段と、薬物療法のエビデンス創出に向けて

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 尾田一貴(熊本大病院薬)
 榎屋友幸(鈴鹿医療大薬)

 臨床薬剤師は医療薬学研究に加え、実地臨床における薬物治療参画などの臨床的活躍が目覚ましく、新時代の医療の一翼を担うに至っている。この結果、新たなclinical questionが浮き彫りとなってきた。その解決方法は、メカニズムを基礎研究により解明するような方法や、臨床研究により検証するような方法など様々である。このような解決方法を携えている臨床薬剤師(clinical pharmacist scientist)による薬物治療のエビデンス創出に期待が高まっており、創薬イノベーションの切り札となる可能性を秘めている。

 第4回となる本シンポジウムでは、clinical pharmacist scientistによる高齢者医療、データサイエンスなどの研究を紹介することを目的とする。その結果として、臨床薬剤師による研究の活性化につながることを期待する。

 (尾田一貴



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報