TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 患者安全管理を目指したALL薬剤師による次世代のがん薬物療法の提供を考える

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 川上和宜(がん研有明病院薬)
 堀里子(慶應大薬)

 免疫チェックポイント阻害薬を含む癌薬物療法は癌治療の大きな柱である。癌薬物療法による副作用は多種多様であり、薬剤師を含めたチームアプローチが必要とされている。チームの中で、薬剤師に求められることは“薬の説明”だけでなく、経口抗癌薬のアドヒアランス向上への貢献、支持療法薬を含めた副作用マネジメントであり、薬のプロとして本質が問われている。

 さらに、現在は外来通院治療が主流であり、病院だけでなく保険調剤薬局でもそのスキルは求められる。今までは多くの場合、薬剤師は臨床現場で癌薬物療法のマネジメントを学んできたが、今後は大学教育を含めたオール薬剤師で高質な癌薬物療法を患者に提供できる体制を整えるべきである。

 今回のシンポジストは、癌専門病院での臨床経験が豊富な薬剤師である。患者安全管理というキーワードを軸に大学や病院、保険調剤薬局で次世代の癌薬物療法を構築するために必要な知識やスキルについて共有する。

 (川上和宜



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報