TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 理事会企画シンポジウム‐ブレイクスルーをどう創るのか?

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 石井伊都子(千葉大病院薬)

 小・中・高・大学と男女共学の教室で同じ授業を受けてきた。そして、成長するに従い「何これ?はぁ~?」と幾度となく思った記憶が蘇る。22年も前の1999年6月23日に男女共同参画社会基本法が制定され、牛歩の如くであるものの社会は変化した。

 しかし、世界「男女平等ランキング2021」において日本は120位=ワースト2位と不名誉かつ驚愕な結果であった。世界はさらに先に進んでいた。日本はずっと歪なのである。

 今回のシンポジストである望月眞弓氏、亀井美和子氏 宮間三奈子氏は停滞した社会に一石を投じてきた方々である。また、森永雄太氏は、職場のダイバーシティを成果に結びつけるためには適正なインクルージョンの導入が必要であることを発信している。

 憎きコロナ禍は良くも悪くも私たちの日常を一変させた。誰もが輝き、気持ち良く社会生活を送るためには、さらなるブレークスルーが必要なのである。このシンポジウムを通し、視聴者の皆さんと一緒にブレークスルーを考えたい。

 (石井伊都子



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報