TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【クラフト】事業再生ADR申請‐借入返済が経営の重荷に

2022年03月29日 (火)

 調剤チェーン大手のクラフトが事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)を申請したことが、23日に明らかになった。東京商工リサーチなどによると、クラフトは金融機関に対して債権カットは求めず、今後の返済額や期間の変更を求めると見られている。

 事業再生ADR制度は、経済産業大臣の認定を受けた公正・中立な第三者が関与することにより、過大な債務を負った事業者が法的整理手続きによらずに債権者の協力を得ながら事業再生を図ろうとする取り組みを円滑化する制度。

 クラフトは、さくら薬局グループの中核企業で、現在全国に約1000店舗の調剤薬局を展開している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報