TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士経済】30年に約30%市場拡大へ‐癌関連医薬品市場を予測

2022年04月25日 (月)

 富士経済は、抗癌剤など癌関連医薬品市場が2030年には20年実績と比べ28.6%増の2兆2602億円に達するとの予測を発表した。免疫チェックポイント阻害剤や分子標的治療剤の単剤、併用療法による適応範囲の広がりが市場拡大の要因としている。

 抗癌剤のほか、制吐剤、疼痛剤、栄養剤なども含めた21年の癌関連医薬品市場は、20年実績と比べ4.1%増の1兆8293億円となる見込み。14年に免疫チェックポイント阻害剤が投入されたほか、発癌や腫瘍の悪性化に関わる遺伝子を標的とした分子標的治療剤の投入が市場を押し広げてきた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報