TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】営業本部の体制を見直し‐専門性強化目指す

2022年05月10日 (火)

 中外製薬は7月1日付で、専門性の強化を目指して営業本部の体制を見直す。同社の製品・開発品の構成がスペシャリティ分野に厚くなったことから、専門性のさらなる強化が必要と判断。成長領域・新規領域への注力を目的に、営業組織をエリア中心体制からオンコロジーと初参入の眼科領域も組み込んだスペシャリティの2領域体制に再編する。

 営業本部の組織再編では、1人のMRが全ての製品の情報提供を行うエリア中心の体制から、MRがオンコロジーとスペシャリティの2領域の専門に分かれて情報提供活動を行う体制に変更する。成熟製品については、別途医療機関単位で情報提供活動を行う予定。今まで通り地域ごとの情報提供は行うが、MRは自身の専門領域ごとに活動を行う。人員配置については今後、適材適所に応じて検討していく。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報