TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義製薬】コロナ薬、ワクチンで1100億円‐23年3月期、経口薬海外生産も

2022年05月17日 (火)

手代木社長

手代木社長

 塩野義製薬の手代木功社長は11日、大阪市内で開いた決算説明会で2023年3月期の業績見通しについて、新型コロナウイルス感染症のワクチンと経口治療薬で1100億円の売上を見込んでいることを明らかにした。このうち上期には、2月に申請し現在審査中の治療薬の売上として450億円を予想。こうした上積みで、同期の売上高は全体で前期比19.4%増の4000億円になるとの見通しを示した。

 経口治療薬「S-217622」は2月に条件付早期承認制度に基づいて国内で申請。目標としていた前年度内での承認取得は適わなかったが、現在審査が進んでいる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報